active_learning

アクティブラーニングとは?

アクティブラーニングとは、教育機関や教育界では今、最も注目されている学習方法の1つです。
学習者(生徒)が受動的となってしまう授業を行うのではなく、能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法です。
具体的には、教師による一方通行な指導ではなく、生徒による体験学習や教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークを中心とするような授業のことを指します。
この能動的学習によって「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」ことが目的とされています。(2012年8月中央教育審議会答申)

今、なぜアクティブラーニングなのか?

文部科学省では2012年から、従来の「受動的な授業・学習」から「積極的・能動的な授業・学習」のアクティブ・ラーニングへの移行を推進しています。これは、昨今の急速なグローバル化や少子高齢化、その他社会問題といった環境・構造の変化のように、急速に変化していく時代に適応するためです。
このような時代の急速な変化に適応するには、主体的に判断をする力を身につけ、多くの情報にアクセスをし、さまざまな出来事を経験しつつ、多様な社会のなかで自分を位置づける力を養う必要があります。
そうした背景のもと、2012年に大学教育におけるアクティブ・ラーニングの推進が叫ばれ、その2年後の2014年12月には、「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」という答申で、高校においてもアクティブ・ラーニングが言及されることになりました。

本校のアクティブラーニングへの取り組み

2018年度

河合塾の協力を得て年10回のアクティブラーニング教員研修を行い、AL学習の意義・手法等を学びました。

2019年度

「授業が楽しい・面白い」をコンセプトに生徒の好奇心・探求心を育成できるような授業づくりに励んでまいりました。
AL授業に習熟することをテーマにして、各先生が実際の授業でALを取り入れて参りました。
7月には前期のAL実施状況を確認するために、生徒にアンケートを行い、多くの授業でAL型授業を行っていると生徒達が認識している状況を確認することができました。
そして11月22日(金)に、日々の授業研鑽を披露する場として公開授業研究会を行いました。
2月には後期の授業アンケートを実施し、前期同様生徒達から高評価を得ることができました。

今年度

コロナウィルスの影響を受けアクティブラーニングのあり方自体を見直す必要が出ています。
本校ではアクティブラーニングの本質である「深い学び」を実現するために、アクティブラーニングをディーパーラーニングへと発展させ、より良い学びを生徒に提供できるように研修を計画しています。

Niittaidai Kashiwa 2021デジタルパンフレット