学校図書館での電子書籍のニーズと課題(1)

電子図書館コラム2022.04.14

電子図書館の導入後は、様々なコンテンツを充実させたいですよね。
 
しかし、学校図書館では、予算的な問題からなかなか難しいのが現状です。
予算的な問題以外にも、色々な事情があると以前からお話してきました。
 
今回は、電子書籍にどのようなニーズやメリット・デメリットなどを
感じているのか、導入校の現状を報告したいと思います。
 
なお、こちらは、私が以前に行ったインタビュー調査の結果を元にしています。
2019年に電子図書館を導入している高等学校(中高一貫校を含む)10校を対象に、
学校向けの電子書籍について尋ねました。詳細は、こちらからご覧になれます。
 
 
 
 
 
1.小説
 
小説は、導入校で最もニーズのあるジャンルとなっています。
電子図書館の利用促進の呼び水として、積極的に選書されているようです。
 
とくに、需要が高かったのが、【ライトノベル】です。
 
積極的に購入するという学校では、ライトノベルのような流行りものは、
ライセンス失効や販売中止などにより、閲覧ができなくなってしまっても、
とくに問題ないと考えているようです。
  
また、紙書籍よりも管理がしやすいという意見も多かったです。
電子書籍が消耗品という扱いであれば、除籍処理がより簡便になるため、
利用者だけではなく、学校図書館担当者にとってもメリットが大きいですね。
 
紙書籍では、購入に消極的または購入していない学校が多いようですが、
電子書籍であれば、購入を前向きに考えるという意見が多くみられました。
本校も電子書籍でのみ購入しており、紙書籍での購入はしなくなりました。
 
ライトノベルは文庫本が多いので、携帯しやすい点は電子書籍も同じです。
文字の拡大や暗所でも読めるという点では、電子書籍の方が便利ですし、
経年劣化や紛失することがない点も、電子書籍の大きなメリットです。
 
これら理由から、紙書籍で購入する必要性をあまり感じなくなりました。
ライトノベルに限らず、文庫本の購入が減ったといっていいかもしれません。
 
一部の学校では、ライトノベルは娯楽性が高いということから、
一般小説が積極的に選書されているようです。学校図書館という性質上、
 
【文学的に評価の高い作品】の需要が高くなっています。
 
とくに、芥川賞や直木賞、本屋大賞といった話題性のある文学賞作品は、
生徒に読ませたいという教員や学校図書館担当者からのニーズが高いようです。
これらの小説は、毎年や年間に複数回発表されるものもあることから、
書架の収納不足対策として、電子書籍で購入したいと考えているとのことです。
 
 
***
 
 
デメリットとしては、紙書籍より【高価】であり【タイトルが不足】していることです。
 
電子書籍は、紙書籍よりも2倍以上する価格帯のものが多くみられ、
新刊は少なく、発売から1年以上経過しているものが多く提供されています。
これについては、別コラムでいつか書きたいと思います。
 
これらは、電子書籍が抱える最も大きな課題と言っても過言ではありません。
このジャンルに限ったことではありませんが、最もニーズのあるジャンルでは、
デメリットの影響はより大きいといえます。
 
この状況について、「惜しい…」というのが正直な気持ちです。
 
もう少しタイトル数があれば、価格が安ければ、新刊が増えれば、
もっともっと生徒に利用されるのに!と感じている導入校も多いようです。
少しずつ改善されていますが、最もニーズの高いジャンルから、
まずは改善されることを願っています。
 
 
 
 
 
2.語学・洋書
 
語学・洋書も、導入校で最もニーズのあるジャンルとなっています。
  
とくに、需要が高かったのが、【英語多読本】です。
 
英語多読本を利用したいから導入したという学校も少なくありません。
本校でも、導入当初から英語多読本を積極的に利用したいと考えていました。
 
授業や学習に役立つコンテンツは、学校向けとしてこれ以上ないメリットです。
 
利用価値を考えれば、多少のコストには目をつむると考える学校が多いようです。
しかし、予想よりも授業や学習での利用頻度があまり高くないためか、
 
コストパフォーマンスが悪い、という意見が多くみられました。
 
本校の実感としても、確かに、コスパが悪いと感じます…。
毎年、必ず利用されますが、年間の利用頻度はそこまで多くありません。
学校図書館にも蔵書があり、電子書籍でもあったら便利で、
無くても困らないといったところでしょうか。
 
ライセンス期限が切れた英語多読本は、利用の継続にコストが発生するので、
徐々に、紙書籍での購入に戻ってしまいました。
 
また、導入前はわかりにくいところでしたが、
 
2年間のライセンス期限が、想像以上に短いと感じました。
 
もう少し長ければいいかもしれませんね。
これは、授業や学習で利用されるコンテンツが抱える課題といえます。
ここが、電子図書館を学校で継続して利用するのが難しいと感じる部分です。
 
ちなみに、ある導入校では、ずっと同じコンテンツを持ち続けるよりも、
2年間で新しいものへと、半ば強制的に入れ替わる仕組みと捉えており、
むしろ、メリットと考えているとのことでした。なるほどですね!
 
 
***
 
 
さて、近年、こうした状況が、大きく変化してきました。
 
2021年以降、ライセンス無期限(買い切り)モデルが登場したことです。
  
英語多読本は、買い切りモデルも多く提供されており、
比較的に安価なので、たくさん購入しやすいですね。
本校でも、電子書籍での購入を再開しました。
 
コロナ禍により、電子図書館の導入が増加したことで、
これまで進まなかった問題が、急ピッチで改善されていると感じます。
 
今後は、ポピュラーなタイトルが充実していくといいなと思います。
学校によっては、帰国生が読めるハイレベルな洋書のニーズが高いようです。
学校図書館では和書を中心に選書をするので、洋書は後回しになりがりですが、
これからは、洋書がグッと身近になるのかもしれません。
 
 
 
 
 
今回は、最もニーズのある「小説」・「語学・洋書」について触れました。
このような感じで、各ジャンルのニーズやメリット・デメリットなどを
紹介していきたいと思います。
 
続きは、またの機会に。
 
 
 
 
 

メディアセンターからのお知らせNews

学校図書館での電子書籍のニーズと課題(1)

2022.04.14

電子図書館の導入後は、様々なコンテンツを充実させたいですよね。
 
しかし、学校図書館では、予算的な問題からなかなか難しいのが現状です。
予算的な問題以外にも、色々な事情があると以前からお話してきました。
 
今回は、電子書籍にどのようなニーズやメリット・デメリットなどを
感じているのか、導入校の現状を報告したいと思います。
 
なお、こちらは、私が以前に行ったインタビュー調査の結果を元にしています。
2019年に電子図書館を導入している高等学校(中高一貫校を含む)10校を対象に、
学校向けの電子書籍について尋ねました。詳細は、こちらからご覧になれます。
 
 
 
 
 
1.小説
 
小説は、導入校で最もニーズのあるジャンルとなっています。
電子図書館の利用促進の呼び水として、積極的に選書されているようです。
 
とくに、需要が高かったのが、【ライトノベル】です。
 
積極的に購入するという学校では、ライトノベルのような流行りものは、
ライセンス失効や販売中止などにより、閲覧ができなくなってしまっても、
とくに問題ないと考えているようです。
  
また、紙書籍よりも管理がしやすいという意見も多かったです。
電子書籍が消耗品という扱いであれば、除籍処理がより簡便になるため、
利用者だけではなく、学校図書館担当者にとってもメリットが大きいですね。
 
紙書籍では、購入に消極的または購入していない学校が多いようですが、
電子書籍であれば、購入を前向きに考えるという意見が多くみられました。
本校も電子書籍でのみ購入しており、紙書籍での購入はしなくなりました。
 
ライトノベルは文庫本が多いので、携帯しやすい点は電子書籍も同じです。
文字の拡大や暗所でも読めるという点では、電子書籍の方が便利ですし、
経年劣化や紛失することがない点も、電子書籍の大きなメリットです。
 
これら理由から、紙書籍で購入する必要性をあまり感じなくなりました。
ライトノベルに限らず、文庫本の購入が減ったといっていいかもしれません。
 
一部の学校では、ライトノベルは娯楽性が高いということから、
一般小説が積極的に選書されているようです。学校図書館という性質上、
 
【文学的に評価の高い作品】の需要が高くなっています。
 
とくに、芥川賞や直木賞、本屋大賞といった話題性のある文学賞作品は、
生徒に読ませたいという教員や学校図書館担当者からのニーズが高いようです。
これらの小説は、毎年や年間に複数回発表されるものもあることから、
書架の収納不足対策として、電子書籍で購入したいと考えているとのことです。
 
 
***
 
 
デメリットとしては、紙書籍より【高価】であり【タイトルが不足】していることです。
 
電子書籍は、紙書籍よりも2倍以上する価格帯のものが多くみられ、
新刊は少なく、発売から1年以上経過しているものが多く提供されています。
これについては、別コラムでいつか書きたいと思います。
 
これらは、電子書籍が抱える最も大きな課題と言っても過言ではありません。
このジャンルに限ったことではありませんが、最もニーズのあるジャンルでは、
デメリットの影響はより大きいといえます。
 
この状況について、「惜しい…」というのが正直な気持ちです。
 
もう少しタイトル数があれば、価格が安ければ、新刊が増えれば、
もっともっと生徒に利用されるのに!と感じている導入校も多いようです。
少しずつ改善されていますが、最もニーズの高いジャンルから、
まずは改善されることを願っています。
 
 
 
 
 
2.語学・洋書
 
語学・洋書も、導入校で最もニーズのあるジャンルとなっています。
  
とくに、需要が高かったのが、【英語多読本】です。
 
英語多読本を利用したいから導入したという学校も少なくありません。
本校でも、導入当初から英語多読本を積極的に利用したいと考えていました。
 
授業や学習に役立つコンテンツは、学校向けとしてこれ以上ないメリットです。
 
利用価値を考えれば、多少のコストには目をつむると考える学校が多いようです。
しかし、予想よりも授業や学習での利用頻度があまり高くないためか、
 
コストパフォーマンスが悪い、という意見が多くみられました。
 
本校の実感としても、確かに、コスパが悪いと感じます…。
毎年、必ず利用されますが、年間の利用頻度はそこまで多くありません。
学校図書館にも蔵書があり、電子書籍でもあったら便利で、
無くても困らないといったところでしょうか。
 
ライセンス期限が切れた英語多読本は、利用の継続にコストが発生するので、
徐々に、紙書籍での購入に戻ってしまいました。
 
また、導入前はわかりにくいところでしたが、
 
2年間のライセンス期限が、想像以上に短いと感じました。
 
もう少し長ければいいかもしれませんね。
これは、授業や学習で利用されるコンテンツが抱える課題といえます。
ここが、電子図書館を学校で継続して利用するのが難しいと感じる部分です。
 
ちなみに、ある導入校では、ずっと同じコンテンツを持ち続けるよりも、
2年間で新しいものへと、半ば強制的に入れ替わる仕組みと捉えており、
むしろ、メリットと考えているとのことでした。なるほどですね!
 
 
***
 
 
さて、近年、こうした状況が、大きく変化してきました。
 
2021年以降、ライセンス無期限(買い切り)モデルが登場したことです。
  
英語多読本は、買い切りモデルも多く提供されており、
比較的に安価なので、たくさん購入しやすいですね。
本校でも、電子書籍での購入を再開しました。
 
コロナ禍により、電子図書館の導入が増加したことで、
これまで進まなかった問題が、急ピッチで改善されていると感じます。
 
今後は、ポピュラーなタイトルが充実していくといいなと思います。
学校によっては、帰国生が読めるハイレベルな洋書のニーズが高いようです。
学校図書館では和書を中心に選書をするので、洋書は後回しになりがりですが、
これからは、洋書がグッと身近になるのかもしれません。
 
 
 
 
 
今回は、最もニーズのある「小説」・「語学・洋書」について触れました。
このような感じで、各ジャンルのニーズやメリット・デメリットなどを
紹介していきたいと思います。
 
続きは、またの機会に。