電子図書館のトライアルの利用結果

電子図書館コラム2020.08.28

【こちらは、2016年3月1日(火)に公開された記事の再掲です。】
 
電子図書館のトライアル開始から1か月が経過しました。
2月1日~29日までに生徒83名と教員6名の合計89名で実施した、
電子図書館のトライアル結果は、以下のようになりました。
なお、普段の利用状況に近づけるため、オリエンテーションでの利用を除いています。
 
◆ 貸出・ログイン回数・利用者数
・ログイン回数     83回

・コンテンツ貸出人数  15名
・コンテンツ貸出回数  34回
 
◆ 最もログインが多い時間帯
 ①16時〜17時
 ②11時〜12時
 ③12時〜13時
 
◆ 最もログインが多い曜日
 ①土曜日
 ②水曜日
 ③火曜日
 
◆ 最も貸し出されたコンテンツのジャンル
 ①小説
 ②大学入試過去問題集
 ③占い
 
 
利用者の傾向について】
89名中の15名で、全体の約2割が利用していたようです。
オリエンテーションの反応が良かったので、若干少ない気がしますが、
実は、対象クラスにおける同時期の学校図書館の利用状況と比較すると、
利用者数や利用生徒があまり変わらないことがわかりました。
つまり、日常的に学校図書館をよく利用している生徒が、
電子図書館をよく利用しているということになります。
普段は本を読まない・学校図書館に来ないという生徒層の利用が増えるよりも、
よく本を読む・学校図書館に来る生徒層が、より利用する傾向があるようです。
 
【コンテンツ貸出回数について】
34回の貸出回数がありました。
生徒曰く、コンテンツ数が少ないのでもっと読みたかったとのことです。
コンテンツ数の充実に比例し、貸出回数は増加すると思われます。
 
【最もログインの多い時間帯について】
16〜17時・11〜12時・12〜13時の順にログイン回数が多かったです。
これは、放課後と昼休みの時間帯にあたります。
生徒は、学校生活の自由時間に最も電子図書館を利用するようです。
意外にも、夜20時以降の在宅時間帯や朝6〜8時の通学時間帯など、
自宅や移動時間にログインする生徒は少ないことがわかりました。
自宅でのWi-fi環境が関係しているようで、家のwi-fiが繋がりにくい
または、Wi-fiがないという生徒も多く見られました。
 
【最もログインの多い曜日について】
土曜日・水曜日・火曜日の順にログイン回数が多かったです。
土曜日は、アドバンストコースの生徒のみ土曜授業があります。
平日の通常日課より自由時間が多く確保でき、利用する機会が多いのかと思います。
水曜日と火曜日のログイン回数が多い理由はわかりません…新刊の更新?なのかな。
全体的に平日のログイン回数に大きな差はないので、たまたまでしょうか。
これは、調査を続行してみたいところです。
 
【最も貸し出されたコンテンツのジャンルについて】
小説・大学入試過去問題集・占いの順に多く貸出がありました。
トライアルでは、堅苦しいものをあえて除き、様子を見ることしたので、
ややジャンルに偏りはありますが、
イラストや写真が多い方が読みやすいだろうという予想に反して、
活字だけでも、あまり抵抗なく読んでいることがわかりました。
 
 以上が、電子図書館のトライアルを1か月間実施した利用結果になります。
トライアルは3月31日まで継続中なので、また更新したいと思います。
次は、生徒たちの電子図書館に関する意識調査アンケートです。
こちらでは、利用結果とはまた違った意見や感想がでてくると思われます。

メディアセンターからのお知らせNews

電子図書館のトライアルの利用結果

2020.08.28

【こちらは、2016年3月1日(火)に公開された記事の再掲です。】
 
電子図書館のトライアル開始から1か月が経過しました。
2月1日~29日までに生徒83名と教員6名の合計89名で実施した、
電子図書館のトライアル結果は、以下のようになりました。
なお、普段の利用状況に近づけるため、オリエンテーションでの利用を除いています。
 
◆ 貸出・ログイン回数・利用者数
・ログイン回数     83回

・コンテンツ貸出人数  15名
・コンテンツ貸出回数  34回
 
◆ 最もログインが多い時間帯
 ①16時〜17時
 ②11時〜12時
 ③12時〜13時
 
◆ 最もログインが多い曜日
 ①土曜日
 ②水曜日
 ③火曜日
 
◆ 最も貸し出されたコンテンツのジャンル
 ①小説
 ②大学入試過去問題集
 ③占い
 
 
利用者の傾向について】
89名中の15名で、全体の約2割が利用していたようです。
オリエンテーションの反応が良かったので、若干少ない気がしますが、
実は、対象クラスにおける同時期の学校図書館の利用状況と比較すると、
利用者数や利用生徒があまり変わらないことがわかりました。
つまり、日常的に学校図書館をよく利用している生徒が、
電子図書館をよく利用しているということになります。
普段は本を読まない・学校図書館に来ないという生徒層の利用が増えるよりも、
よく本を読む・学校図書館に来る生徒層が、より利用する傾向があるようです。
 
【コンテンツ貸出回数について】
34回の貸出回数がありました。
生徒曰く、コンテンツ数が少ないのでもっと読みたかったとのことです。
コンテンツ数の充実に比例し、貸出回数は増加すると思われます。
 
【最もログインの多い時間帯について】
16〜17時・11〜12時・12〜13時の順にログイン回数が多かったです。
これは、放課後と昼休みの時間帯にあたります。
生徒は、学校生活の自由時間に最も電子図書館を利用するようです。
意外にも、夜20時以降の在宅時間帯や朝6〜8時の通学時間帯など、
自宅や移動時間にログインする生徒は少ないことがわかりました。
自宅でのWi-fi環境が関係しているようで、家のwi-fiが繋がりにくい
または、Wi-fiがないという生徒も多く見られました。
 
【最もログインの多い曜日について】
土曜日・水曜日・火曜日の順にログイン回数が多かったです。
土曜日は、アドバンストコースの生徒のみ土曜授業があります。
平日の通常日課より自由時間が多く確保でき、利用する機会が多いのかと思います。
水曜日と火曜日のログイン回数が多い理由はわかりません…新刊の更新?なのかな。
全体的に平日のログイン回数に大きな差はないので、たまたまでしょうか。
これは、調査を続行してみたいところです。
 
【最も貸し出されたコンテンツのジャンルについて】
小説・大学入試過去問題集・占いの順に多く貸出がありました。
トライアルでは、堅苦しいものをあえて除き、様子を見ることしたので、
ややジャンルに偏りはありますが、
イラストや写真が多い方が読みやすいだろうという予想に反して、
活字だけでも、あまり抵抗なく読んでいることがわかりました。
 
 以上が、電子図書館のトライアルを1か月間実施した利用結果になります。
トライアルは3月31日まで継続中なので、また更新したいと思います。
次は、生徒たちの電子図書館に関する意識調査アンケートです。
こちらでは、利用結果とはまた違った意見や感想がでてくると思われます。